抗体検査キットの使用方法

①簡易抗体検査キットを取り出してください。

②手を洗い清潔にし、採血する部分をマッサージしておくと適量の採血ができます。

③採血する指を付属のアルコール綿で消毒してください。

④ランセットの蓋をひねり取り外し白色部分を採血部にあて、本体を反対側から音がなるまで強く押してください。

⑤採血部に触れないように周辺部を圧迫し出血を促してくだ さい。

⑥検査キットのSの部分の中心に血液を付着させてください。

⑦緩衝液をスポイトで取り、キットのSの部分に3〜5滴垂らし ます。

⑧採血部の血液を拭き取り10〜15分お待ちください。

検査結果の判定方法

陰性

Cに1本の色付きの線が表示されます。1と2には線が表示されません。感染初期の場合は陰性と判定される可能性がございます。2週間以内に感染者との接触歴がある場合は、医師、保健所等の指示に従いながら、PCR検査や抗原検査などの確定診断を受けてください。

感染中(IgM陽性)

2箇所に線が表示されます。1つ目の線はCのライン領域に表示され、2つ目の線が1のライン領域に表示されます。少なくとも発症後5日~10日は経過している可能性も考えられるため、ご自身の体調を見つつ、医療機関においてPCR検査や抗原検査などの確定診断を行う必要があります。

過去に感染抗体を持っている(IgG陽性)

2箇所に線が表示されます。1つ目の線はCのライン領域に表示され、2つ目の線が2のライン領域に表示されます。過去に感染していた場合にIgG陽性と判定されます。症状がなければ周囲に感染させる可能性は低いと考えられます。

感染中。抗体を持っている(IgM/IgG陽性)

3箇所に線が表示されます。1つ目の線はCのライン領域に表示され、2つ3つ目のラインが1と2のライン領域に表示されます。既に感染し発症後期である可能性があります。周囲に感染させるリスクが高い状態である可能性があります。

x