抗原検査キットってなに?薬剤師がわかりやすく説明します

抗原検査キットってなに?薬剤師がわかりやすく説明します

執筆

薬剤師:齊藤 桂丞  

経歴;慶応義塾大学薬学部卒業後、調剤薬局に薬剤師として勤め、研修認定薬剤師を習得。2022年よりぺブルコーポレーション株式会社に入社 

自己紹介;健康や薬、ヘルスケアなどの情報をわかりやすくお伝えしていこうと思います。微力ながら、薬剤師としてみなさまの健康や生活へお力添えができればと思いますので、よろしくお願い致します。 

最近いろいろなところで話題に出てくる新型コロナウイルスの検査キット。
PCR検査と同じくらい耳にするのが「抗原検査キット」ですが、抗原検査とはどのようなものなのでしょうか。
今回は、抗原検査とはいったいどのようなものなのか、みなさんにわかりやすくかみ砕いてお伝えしていきます。


抗原検査キットの仕組みすっきり説明します。

新型コロナウィルスの検査キットでよく聞く抗原検査について、説明していきたいと思います。


■抗原とは?

まずは抗原のお話から。
抗原とは、ウイルスや細菌などが持っているタンパク質の部分のことをいいます。
コロナウイルスは、代表的なものとして変異を活発に行い人間の細胞に侵入する足がかりとなるSタンパク質(スパイクタンパク質)と、あまり変異をしないNタンパク質(ヌクレオカプシドタンパク質)を持っており、このようなタンパク質のことを抗原と呼んでいます。
一方、抗体とは、人間の体内で作られるYの形をしたタンパク質のことです。
抗体は抗原と正確に結合することができ、この結合を抗原抗体反応といいます。

そして、この抗原抗体反応を利用してウイルスを感知しているのが、抗原検査なのです。


■抗原検査のしくみ

・定性検査と定量検査

抗原検査には抗原があるかないかを調べる「定性検査」と抗原の量を調べる「定量検査」があります。
一般的に売られている簡易キットは、抗原定性検査のキットです。
定量検査は検査機関に分析を依頼する必要があるものです。
ここからは、馴染みのある抗原定性検査(検査キット)について話していきます。


・抗体と抗原を結合させて判定する

では、次にコロナウイルス抗原検査キットの仕組みを簡単にお話しましょう。
コロナウイルス抗原検査キットの中には、人工的に作られた抗体が入っています。
そこに、採取が可能でウイルスがいそうな部位、唾液や鼻腔から試料をとって検査キットに流すことで、検査キットの中に入れている抗体と、試料の中の抗原が結合するかしないかで、抗原の有無を判断しているのです。


・検査結果はラインで確認する

検査キットの中の抗体と試料の中の抗原が結合すれば、検査キットにラインが表示される仕様になっています。
つまり、検査キットにラインが表示されるということは、採取した試料の中、ひいては体内にウイルスがいるということを指します。
一方、抗体と抗原が結合しなければ、検査キットにはラインが出ません。つまり、採取した試料の中、ひいては体内にウイルスがいないということ。
このように、検査キットにラインが出るか出ないかによって、ウイルスが体の中にいるかいないかを間接的に知ることができるのが、抗原検査なのです。


・変異種にも対応できる

抗原検査キットはNタンパク質に対する抗体を用いて作られています。コロナウイルスが持つNタンパク質は変異が少ないと言われています。
最近流行しているオミクロン株などは、Sタンパク質が変異したウイルスであるため、以前に作られた検査キットでも、対応できるとされているのです。
もちろん、検査キットごとに確認したほうが間違いはありませんので、気になる方は直接メーカー・販売店に確認しましょう。


・コントロールラインの確認も忘れずに

抗原検査の検査時間は早いもので10~15分程度、最大30分以内で結果が出るものが多く、ほとんどの抗原検査キットは2本線か1本線で検査結果が示されます。
2本線の場合、先ほど説明したライン以外に、コントロールライン(C)という検査が正確に実施できたかを示すラインがあります。
コントロールラインは先ほどのラインにかかわらず表示され、このラインが表示されていない場合はいかなる検査結果も正しくありませんので、検査結果を見るときは必ず表示されていることを確認しましょう。


■まとめ

今回は抗原検査とは何なのかをわかりやすく説明してきました。
抗原抗体反応を使った検査の仕組みや変異株にも対応できる原理、コントロールラインの意味などすこしでも疑問に思っていたことが解消できたならうれしいです。
感染が疑わしい場合に検査キットを使用することも大事ですが、検査キットを活用し日頃から定期的にセルフチェックを行うことも、大事な感染対策のひとつです。
ぜひ、抗原検査キットをうまく使って、感染対策をしてくださいね。


唾液?鼻腔?抗原検査キットはどれが良い?Medic LABならこれ

※本ページに掲載されているコラムの情報については、薬剤師による助言や評価、意見等を掲載しております。
※当社内において掲載内容に不適切な表記がないか、あらかじめ確認を行っておりますが、医療及び健康管理上の事由により、その内容の正確性や有効性などについて何らかの保証をできるものではありません。皆様ご自身の判断にてお読みいただき、参考にして頂ければと思います。
※掲載されているコラムの情報は、執筆時点での情報であり、掲載後の状況により、内容の変更が生じる場合があります。この場合、予告なしに変更する場合があります。
※読者の皆様に生じた何らかの損失、損害等について、当社は一切責任も負うものではありません。