ワクチン接種後の中和抗体の有無を判定

Medic LAB 中和抗体検査キット Quick

ワクチン接種後の中和抗体の有無を判定

ワクチン接種後の中和抗体の有無を判定

Medic LAB 中和抗体検査キット QUICK

中和抗体検査キット Quick

■中和抗体検査キットの内容


■中和抗体検査キットの使用方法

手を清潔にし、採血する指の先端をよくマッサージしておくと適量の採血ができます。

採血する部分とその周辺をアルコール綿で消毒します。

ランセットのキャップを外し、白色部分を採血部にあて、本体をパチンと音がするまで強く押し当てます。

自然に血液が流れたあと、最初の1滴をアルコール綿で拭き取ります。

採血部に触れないよう周辺部を圧迫し出血を促します。血液の量が少ないと正しく判定されません。

スポイトの黒い線まで採取した血液を、検査ボードのS部分に滴下します。(直接S部分に滴下しても問題ありません)

検査ボードのS部分に希釈液を2〜3滴入れます。希釈液の量が多いと正しく判定されません。

検査ボードを室温で10分〜15分ほど放置し、結果を読み取ります。


■検査結果の判定方法

検査結果の確認方法は以下の通りとなります。検査結果は体調や検体の量などによって左右されることがあり、検査結果が陰性であっても新型コロナウイルスに対する中和抗体の保有を否定するものではありません。
陽性
中和抗体を検出
CとTに色付きのラインが表示されます。この結果はサンプル中にスパイクタンパク質RBDに対する中和抗体が含まれていることを示します。中和抗体の濃度が高いほどTラインの発色が濃くなります。
陰性
中和抗体未検出
Cは色付きのラインが表示され、Tに線は表示されません。この結果はサンプル中にスパイクタンパク質RBDに対する中和抗体が含まれていないか、検出限界値を下回っていることを示します。
無効
検査結果無効
CおよびTに色付きのラインは表示されない。またはTのラインにのみ色付きのラインが表示されます。この場合は無効と判定されます。検査の操作が不適切、または検査ボードの期限切れの可能性があります。
x